ムダ毛メモリー

ムダ毛に悩まされたみんなの思い出集

家庭用脱毛器も脱毛サロンもある今は幸せな時代です。

私が自分のムダ毛を意識し始めたのは人よりもずいぶんと早くて、小学生の頃からです。父親が毛深かったため、父からの遺伝なのでしょうが、口の周りの産毛はかなり目立っていました。母親からは「剃ったりしちゃダメだよ!余計毛深くなるから」念を押されていたのですが、だんだんと年頃になり気にするように…。男子から「こいつヒゲが生えてるぞ」などとからかわれたりすることもあって、こっそり母親の顔そり用のカミソリを使ったりしていました。
案の定母親が注意していた通り、産毛がだんだんと濃く太くなっていき、そのうちチクチクしてくるようになってしまいました。こうなるともう産毛とは言えませんよね。口周りだけでなく足も同じような状態で、そうなって初めて自分でムダ毛処理してしまったことを後悔したのです。
でも、ムダ毛をそのままにしておくのはとても恥ずかしいし、人に見られるのも嫌です。その当時は自分で処理するしか選択肢がなく仕方なかったとはいえ、もっとムダ毛に対する知識があれば、後の脱毛トラブルもなかっただろうなと思います。
今は優秀な家庭用脱毛器もあり、脱毛サロンも多くなりました。幸せな時代だなぁと思います。もっと遅く生まれていればとつい思ってしまう私です。